MENU

ほくろ除去【ほくろの種類別】の料金相場を解説!ほくろの除去を安くする方法と相場より安いクリニック10選も紹介

【ほくろの種類別】 ほくろ除去の料金相場を解説安く除去できるクリニックも紹介

「ほくろ除去にかかる費用ってどれくらい?」
「安くほくろを除去できるクリニックはどこ?」

このような悩みを抱えている方のために、当記事ではほくろ除去を行っているクリニック33院を調査。ほくろの種類別に料金相場をお伝えします。

あわせて、ほくろを安く除去できるクリニック、ほくろ除去を安く受ける方法などについて、次のような流れで紹介します。

  • ほくろの種類別おすすめの施術と料金相場
  • ほくろ除去を安く受ける方法
  • ほくろを安く除去できるおすすめクリニック10選
  • たくさんのほくろをまとめて安く除去できるクリニック
  • ほくろ除去クリニックの選び方
  • ほくろの間違った除去方法とリスク
  • ほくろ除去に関するQ&A

ほくろの種類ごとに最適な施術と、その料金を解説するので、あなたにピッタリのクリニックがわかります。全国展開している大手クリニックや都心の駅から近いクリニックも紹介するので、ほくろに悩んでいる方や治療を検討している方はぜひ参考にしてください。

炭酸ガスレーザー・電気メスを4,980円〜から受けられるTCB東京中央美容外科


症例・詳細を見る

目次

【ほくろの種類別】おすすめの施術と料金相場

ほくろにはさまざまな種類があり、ほくろの種類によって最適な治療法も異なります。まずは「自分のほくろがどの種類に当てはまるのか」を把握し、適切な施術を選ぶことが大切です。

境界母斑
母斑細胞が浅い部分(表皮と真皮の接合部分)に存在している。
ほくろの形状は小さく薄く、目立たない場合がほとんど。
複合母斑
境界母斑と新皮内母斑の混合型。
境界母斑よりもやや黒く濃いのが特徴。
真皮内母斑
母斑細胞が深い部分(真皮内)に存在している。
ほくろの形状は黒く半球状に盛り上がっている。

なお、ほくろの種類を特定するには専門的な知識が必要なため、自己判断せず医師のカウンセリングを受けて特定してもらうとよいでしょう。

境界母斑(直径1mm以下)に効果的!炭酸ガスレーザーの料金相場

炭酸ガスレーザーの料金相場は、以下のとおりです。

施術名 料金相場(税込)
炭酸ガスレーザー 8,081円~20,174円(平均相場:14,128円)
料金相場の算出方法について

調査した33院の中で最も最高料金が高いクリニックでも、1回あたりの料金は5万円以下と、気軽に治療を受けやすい施術といえます。

また、平均相場は14,128円でしたが、調査した33院のうち13院は、2,000~5,000円程度~治療を始められるようです。

炭酸ガスレーザーによるレーザー治療は、境界母斑など直径1mm以下のほくろ除去におすすめです。

細胞内の水分に反応する レーザーを照射し、 ホクロ全体を蒸散させる  深部のほくろ細胞は除去しにく いものの、浅い傷でキズアトも 残りにくいほくろ除去が可能

炭酸ガスレーザー
細胞内の水分に反応するレーザーを当て、肌に含まれる水分に反応して生まれた熱エネルギーを使って、隆起した部分やメラニンを含めたホクロ全体を蒸散させて削り取る治療法。
・直径1mm以下で表面が平らなほくろの除去に用いられる。
・浅い傷で治りが早く、傷跡が残りにくいメリットがある。
・施術時間も比較的短いため、一度に多数のほくろを除去する場合に適している。
・出血するとそれ以上治療が行えなくなるため、大きいほくろだと何度か通院が必要な場合もある。

炭酸ガスレーザーが安いおすすめクリニック

スクロールできます
クリニック名 高須クリニック クリニーク 赤須医院
料金(税込) 2,200円~ 2,750円~ 3,000円~
保証の有無
初回カウンセリング 無料 無料 10,000円

複合母斑(直径5~6mm以下)に効果的!電気メスの料金相場

電気メスの料金相場は、以下のとおりです。

施術名 料金相場(税込)
電気メス 7,829円~10,498円(平均相場:9,164円)
料金相場の算出方法について

電気メスは3つの施術の中で最も平均相場が低い結果となりました。

調査した33院の中で最も最高料金が高いクリニックでも、1回あたりの料金は3.5万円と、手の届きやすい価格といえます。

また、平均相場は9,164円でしたが、調査した33院のうち5院は、5,000円前後~治療を始められるようです。

なお、電気メスによる治療は、複合母斑などの直径5~6mm以下のほくろ除去におすすめです。

電気メスの熱でほくろの原因と なっている細胞を焼き削る 切開ができない範囲のほくろも 除去可能。 しかし、クレーターが 残る可能性がある

電気メス
電気メスの熱で表面を削り取り、ほくろの原因となってる細胞を焼く治療法。
・直径5~6mm以下で盛り上がったほくろの除去に用いられる。
・切除手術とは異なり、縫合が必要ないため通院不要で施術時間も短い。
・切開ができない箇所のほくろも除去できるメリットがある。
・大きなほくろを除去しようとすると陥没するケースもあるので注意が必要。

電気メスが安いおすすめクリニック

スクロールできます
クリニック名 東京中央美容外科
料金(税込) 4,200円~(2mm以下) 4,980円~
保証の有無 1年以内に再発した場合無料で再治療
初回カウンセリング 無料 無料

真皮内母斑(直径6mm以上)に効果的!切除手術の料金相場

切除手術の料金相場は、以下のとおりです。

施術名 料金相場(税込)
切除手術 29,780円~39,874円(平均相場:34,827円)
料金相場の算出方法について

切除手術は3つの施術の中で最も平均相場が高く、調査した33院の中には1回あたり10万円以上かかるところもありました。

また、調査したクリニックの中で、炭酸ガスレーザーまたは電気メスと切除手術の両方を取り扱っている場合、切除手術の料金が高く設定されているところも多いようです。費用を抑えて施術を受けたい方は、まず炭酸ガスレーザーや電気メスでの治療を検討したほうがよいかもしれません。

なお、切除手術による治療は、真皮内母斑など直径6mm以上のほくろ除去におすすめです。

メスでホクロ周辺の組織ごと 切除し、糸で縫合する 縫合線は除去するほくろの 直径4倍程度。 キズアトは時間 経過と共に目立たなくなる

切除手術
メスでほくろ周辺の組織から切除し、糸で縫合する治療法。
・大きなほくろや深い部分に存在しているほくろの除去に適している。
・電気メスに比べてほくろの取り残しが少なく、再発の心配がほとんどないのが特徴。
・抜糸が必要でダウンタイムが長く、傷跡が残りやすいデメリットがある。

切除手術が安いおすすめクリニック

クリニック名 品川美容外科
料金(税込) 7,560円~
保証の有無
初回カウンセリング 無料

ほくろ除去の料金は何で決まる?ほくろ除去を安く受ける方法

ほくろ除去の料金は、ほくろの大きさに応じて設定されている場合がほとんどです。また、ほくろの形状によって適した施術が異なり、施術によっても料金が変わります。

「できるだけ安くほくろを除去したい!」
「安くほくろ除去を受けるにはどうすればいいの?」

そんな悩みを抱える方のために、この項目ではほくろ除去を安く受ける方法について解説します。ほくろ除去を安く受ける方法は、以下の3つです。

  • 自分のほくろの大きさを正確に把握する
  • 取り放題などのお得なプランを利用する
  • モニターに参加する

ほくろ除去の料金は「1mm単位」で変わります。そのため、ほくろの大きさを正確にはかってからクリニックを探すと、安く受けられるクリニックを探しやすくなります。

また、「ほくろ◯個まで◯◯円」といった取り放題プランを提供していたり、ほくろの数が増えると1個あたりの価格が安くなるクリニックを利用すると、費用を抑えられるためおすすめです。

なかには、症例写真に協力すると、モニター価格でお得に施術が受けられるクリニックもあります。モニター募集は定員に達すると締め切られてしまう場合もあるので、安く施術を受けたい方は早めに申し込むことをおすすめします。

ほくろを安く除去できる!おすすめクリニック10選

当メディアが調査したなかでも、とくにおすすめのクリニック10院を表にまとめました。
クリニックは、以下を基準に選んでいます。

  • 料金の安さ(5,000円以下~治療を始められる)
  • 取り放題プランの有無
  • ほくろの数が増えると1個あたりの料金が安くなるプランの有無

各クリニックの料金や特徴などを見比べながら、気になるクリニックを探してみてください。

スクロールできます
東京中央美容外科 東京皮膚科・形成外科 品川美容外科 城本クリニック クリニーク 高須クリニック 東京美容外科 ミセルクリニック 赤須医院 赤坂メディカルMクリニック 六本木スキンクリニック
炭酸ガスレーザーの
最安料金(税込)
4,980円 5,500円 4,200円 2,750円 2,200円 14,080円 3,000円 11,000円 5,500円
電気メスの
最安料金(税込)
4,980円 4,200円 11,000円 5,500円
切除手術の
最安料金(税込)
19,800円 7,560円 33,000円 38,500円 55,000円 8,800円 35,000円 27,500円
カウンセリング
費用(税込)
1,100円 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 10,000円 3,300円 無料
取り放題プランの有無 あり(10個まで) あり(1,000個まで) あり(10箇所まで・20箇所まで) あり(制限なし) あり(5個まで・10個まで)
ほくろの数が増えると1個あたりの料金が安くなるプランの有無
あり(2個~) あり(5個~)
特徴 いつでもLINEから予約・相談できる 銀座院は銀座駅・東銀座駅・銀座一丁目駅から徒歩4分以内の好立地 炭酸ガスレーザー・電気メス・切除手術がすべて業界トップクラスの低価格で受けられる 身体への負担が少ない高周波ラジオ波メスを使用 皮膚科・形成外科医師がしっかり診断 カウンセリングからアフターケアまで一貫して同じ医師が担当 術後のトラブルを一生涯保障してくれる モニター価格でさらに安く施術を受けられる 六本木駅から徒歩5分圏内の好立地 来院当日に施術も可能 診察はすべて院長が担当
公式サイト

独自の評価基準(上記で説明あり)とアンケート調査をもとにクリニックを厳選して掲載しています。
掲載順は順不同であり、各クリニックの優劣をつけるものではありません。
万が一、掲載しているクリニックでトラブルに遭われた場合は、弊社までご連絡ください。すぐに事実確認をとり情報の修正、もしくはクリニック選出基準の見直しをさせていただきます。

TCB東京中央美容外科|

【TCB東京中央美容外科のほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 炭酸ガスレーザー・電気メスを4,980円〜から受けられる
  2. いつでもLINEから予約・相談できる
  3. アフターケアが充実している

TCB東京中央美容外科では、取り扱いクリニックの少ない電気メスによる治療が2mm4,980円〜から受けられます。炭酸ガスレーザーも1mm4,980円〜からと、業界トップクラスの低価格が魅力です。

また、24時間LINEでの予約に対応しており、写真付きで相談もできるため気軽に詳細な診断を受けられます。施術を受けるか迷っている方も、まずはLINEから相談してみるとよいでしょう。

TCB東京中央美容外科は、施術の保障や返金制度などのアフターケアが充実しているのも魅力。肌あれやかゆみなどのトラブルが発生した場合は、すべて無料で修正・回復・アフターケアを受けられます。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

電気メスによる電気分解法(2mm以下)(税込) 4,980円
レーザー除去法(1mm以下)(税込)※1 4,980円
切開法(1mmあたり)(税込) 19,800円
電気メスや炭酸レーザーの料金は、いずれも当記事が調査した平均相場の半分以下。切除手術も平均相場の2/3以下と手の届きやすい価格設定です。

※1 新宿三丁目院のみの取り扱い。新宿三丁目院ではレーザー除去法、切開法、くり抜き法から選択可能

TCB東京中央美容外科の詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】4,980円※
【電気メス】4,980円
【切除手術】19,800円
※新宿三丁目院のみの取り扱い
初回カウンセリング料金(税込) 無料
保証の有無
決済方法 現金・クレジットカード・メディカルローン
定休日 不定休

TCB東京中央美容外科のほくろ除去の症例

TCB東京中央美容外科のほくろ除去の症例写真

TCB東京中央美容外科のほくろ除去の症例写真

アクセス

東京皮膚科・形成外科

【東京皮膚科・形成外科のほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 炭酸ガスレーザーによるレーザー治療を1個5,500円~受けられる
  2. 銀座院は銀座駅・東銀座駅・銀座一丁目駅から徒歩3分以内の好立地
  3. メール相談を24時間受け付けている

東京皮膚科・形成外科では、炭酸ガスレーザーによるほくろ除去治療が、1個5,500円~受けられます。当記事が調査した炭酸ガスレーザーの平均相場(14,128円)より8,000円以上安い料金です。

さらに、2個目以降は1個あたり3,300円とさらに安くなるので、ほくろが多くて悩んでいる方におすすめです。

銀座院・大阪院ともに駅から徒歩3分圏内にあり、仕事や学校帰りにも立ち寄りやすい立地です。通勤・通学で都内に行く機会の多い方にもおすすめのクリニックといえるでしょう。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

CO2レーザー
1個目(税込) 5,500円
2個目~1個あたり(税込) 3,300円
炭酸ガスレーザーを5,500円~と安価に受けられます。2個目以降は1個あたりの価格が安くなるため、たくさんのほくろを一気に取りたい方にもおすすめです。

※4mm以上の場合、追加料金がかかることもあります。

東京皮膚科・形成外科の詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】5,500円
初回カウンセリング料金(税込) 1,100円
保証の有無
決済方法 現金・クレジット・医療ローン
定休日 不定休

アクセス

品川美容外科

【品川美容外科のほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 炭酸ガスレーザー・電気メス・切除手術がすべて業界トップクラスの低価格で受けられる
  2. 電気メスによる治療なら1年間の安心保証付き
  3. 痛みに配慮した施術を行ってくれる

品川美容外科では、炭酸ガスレーザー・電気メスによる治療が1mm4,200円~とリーズナブルな価格で受けられます。切除手術による治療も1mm7,560円~と、すべての施術を業界最安水準の価格で受けられるのが魅力です。

電気メスによる治療を選ぶと、1年以内に再発した場合は無料で再治療してもらえる「ほくろ除去(電気メス)1年間安心保障制度」がついているのも嬉しいポイントです。
※最低3ヶ月の期間を開けて再治療となります。
※完全に除去することにより皮膚がくぼんでしまうほくろについては、色素がある程度残った状態(2~3割)で終了になる場合があります。ご了承ください。
※切開または炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は対象外になります。

品川美容外科では、施術の痛みを和らげるために局所麻酔を使用。麻酔科ドクターが在籍しており、施術中もしっかりとサポートしてくれます。施術も最短5分からと、身体に負担のないよう配慮してくれるので、痛みが心配な方も不安なく施術が受けられます。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

炭酸ガスレーザー(1mm)(税込)(※1)(※2) 4,200円
電気メス(1mm)(税込)(※1) 4,200円
切開(1mm)(税込)(※1) 7,560円
ほくろ除去治療に効果的な3つの施術が、いずれも当記事が調査した平均相場の半分以下で受けられます。価格が高くてほくろ除去治療を受けるか迷っている方や、学生の方にもおすすめです。

(※1)BMC会員価格
(※2)品川本院・新宿院・渋谷院・表参道院 限定

品川美容外科の詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】4,200円
【電気メス】4,200円
【切除手術】7,560円
初回カウンセリング料金(税込) 無料
保証の有無 電気メス:1年以内に再発した場合無料で再治療
決済方法 現金・クレジット・メディカルローン
定休日 無休

施術詳細

アクセス

城本クリニック

【城本クリニックのほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 有資格者である医師・看護師のみが対応
  2. 身体への負担が少ない高周波ラジオ波メスを使用
  3. ほくろ取り放題プランあり

城本クリニックは開院30年以上の歴史がある大手美容クリニック。カウンセリングから医師が担当し、丁寧なアドバイス・アフターケアを行うので、安心して治療を受けられます。

また、城本クリニックの「電気分解法」は、変熱性の少ない高周波ラジオ波メスを使用するため、身体への負担が少ないのも特徴です。

城本クリニックでは、5mm以内のほくろが10個まで取り放題のプランを提供しています。ほくろの数が多く、1度で治療を済ませたい方におすすめです。平日限定で人数制限もあるため、気になる方は早めに予約するとよいでしょう。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

取り放題(5mm以内・10個まで)(税込) 55,000円
取り放題プランを利用すれば、1個あたり5,500円と安価にほくろを除去することも可能。1度にたくさんのほくろを除去できるのも嬉しいポイントです。

※平日限定・人数制限有

城本クリニックの詳細情報

最安料金(税込) 【電気メス】11,000円
【切除手術】33,000円
初回カウンセリング料金(税込) 無料
保証の有無
決済方法 現金・クレジットカード・メディカルローン
定休日 無休

施術詳細

アクセス

クリニーク


出典:クリニーク

【クリニークのほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 1ヶ所2,750円~とリーズナブルな価格設定
  2. ほくろ1,000個まで取り放題のプランあり
  3. 皮膚科・形成外科医師がしっかり診断

クリニークでは、炭酸ガスレーザーによる治療が当記事が調査した平均相場(14,128円)の1/5以下である、1ヶ所2,750円~受けられます。

ほくろ1,000個まで取り放題のプランは、顔・首・背中・胸+お腹・上肢・下肢から部位を選べるので、顔以外のほくろが気になる方にもおすすめです。

また、カウンセリング時には皮膚科・形成外科医師がほくろの状態を丁寧に診察。「悪性腫瘍ではないか」「どの施術方法が向いているか」などをしっかりと診断してもらえます。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

炭酸ガスレーザー(1ヵ所)(税込) 2,750円~
ほくろ取りプラン(1か月間)(税込) 165,000円
ほくろ取りプラン(3か月間)(税込) 440,000円
ほくろ取りプランは、ほくろが期間中なら何度でも1,000個まで取れるお得なプラン。顔以外のほくろを一気に除去したい方におすすめです。(顔・首・背中・胸+お腹・上肢・下肢から一ヶ所を選択)

クリニークの詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】2,750円
【切除手術】38,500円
初回カウンセリング料金(税込) 無料
保証の有無
決済方法 現金・クレジットカード・医療ローン
定休日 不定休

アクセス

高須クリニック

【高須クリニックのほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 40年以上にわたって蓄積された症例と経験
  2. 施術中・施術後の痛みに配慮した施術
  3. カウンセリングからアフターケアまで一貫して同じ医師が担当

高須クリニックでは、炭酸ガスレーザーによる治療が平均相場(14,128円)の1/6以下である2,200円~受けられます。当記事で紹介しているクリニックの中では最安です。

カウンセリングでは、40年以上にわたって蓄積された豊富な症例写真を提示し、1人1人のほくろに最適な治療法を提案してくれます。

施術時はクリームや極細の針による注射で念入りに麻酔し、施術中の痛みを軽減。術後の痛みも最小限に抑え、腫れも極力抑えてくれます。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

炭酸ガスレーザー
直径1mm未満(税込) 2,200~5,500円
1mm×1mm(税込) 5,500円
2mm×2mm(税込) 11,000円
5mm×5mm(税込) 44,000円
直径1mm未満のほくろなら業界最安水準の2,200円~治療可能。価格が高くてほくろ除去を躊躇している方にもおすすめです。

高須クリニックの詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】2,200円
【切除手術】55,000円
初回カウンセリング料金(税込) 無料
保証の有無
決済方法 現金、クレジットカード、デビットカード、QR・バーコード、医療ローン
定休日

施術詳細

アクセス

ミセルクリニック

【ミセルクリニックのほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 完全予約制で予約がとりやすい
  2. ほくろの大きさや数に合わせたプランが豊富
  3. モニター価格でさらに安く施術を受けられる

ミセルクリニックでは、無料カウンセリング予約をWebから24時間受け付けており、診察を受けたいと思ったタイミングで気軽に予約できます。

ほくろがたくさんある方は、顔全体プランを利用することにより1個5,478円程度のリーズナブルな価格で施術を受けることも可能です。

ミセルクリニックでは顔全体プランのモニター価格も用意しており、さらに安く施術を受けることも可能です。気になる方は、モニターを募集しているか各クリニックに問いあわせてみるとよいでしょう。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

炭酸ガスレーザー
2mm未満(税込) 14,080円
2mm以上5mm未満(税込) 27,280円
5mm以上8mm未満(税込) 32,780円
8mm以上(税込) 38,280円
ほくろの大きさにあわせて細かく価格設定がされており、施術にかかる料金がわかりやすい点が魅力。
炭酸ガスレーザー 顔全体
5mm以下10箇所まで(税込) 54,780円
5mm以下20箇所まで(税込) 98,780円
5mm以下のほくろが多い方は顔全体プランでまとめて除去も可能。
炭酸ガスレーザー 顔全体 モニター価格
5mm以下10箇所まで(税込) 43,780円
5mm以下20箇所まで(税込) 76,780円
モニター価格が適用されれば顔全体プランをより安く受けられます。モニターを募集しているかは各院へ問いあわせて確認してください。

※大阪梅田院以外では施術内容・料金が異なる可能性がありますので、詳細は各院公式サイトをご確認ください。

ミセルクリニックの詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】14,080円
初回カウンセリング料金(税込) 無料
保証の有無
決済方法 現金、クレジットカード、医療ローン
定休日 各クリニックによって異なる

アクセス

赤須医院


出典:赤須医院

【赤須医院のほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 患者は女性のみ
  2. 診察・治療行為のすべてを皮膚科専門医が行う
  3. 六本木駅から徒歩5分圏内の好立地

赤須医院は女性専門皮膚科クリニックであり、女性が気軽に訪れやすい環境が整っています。

レーザー治療によるほくろ除去を平均相場(14,128円)の1/4以下である1個3,000円~受けられるのも魅力。初診料は10,000円と少々高めですが、ほくろ1個分の料金とあわせても13,000円と、平均相場以下であるためお得といえます。

また、実際に施術をする医師が診察を担当することで、認識のズレをなくし、より理想に近い仕上がりを実現できます。副作用やリスクについても詳しく説明してもらえるため、安心して治療を受けられるのも特徴です。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

レーザー治療 ホクロ除去
1個(税込) 3,000円
顔全体(税込) 30,000円
顔全体プランは、ほくろ10個分の値段を上限に顔全体のほくろを除去できるお得なプラン。ほくろの数が多い方も少ない方も安価にほくろを除去できる価格設定です。

※顔に10個以上多発している場合

赤須医院の詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】3,000円
【切除手術】35,000円
初回カウンセリング料金(税込) 10,000円
保証の有無
決済方法
定休日 日・月・火曜日

アクセス

赤坂メディカルMクリニック

【赤坂メディカルMクリニックのほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. ほくろの大きさや数に合わせたプランが豊富
  2. 形成外科医が診察からアフターケアまで担当
  3. 来院当日に施術も可能

赤坂メディカルMクリニックでは、3mm未満のほくろを取りたい人向けに2つの取り放題プランが用意されています。5個までのプランなら1個あたり3,960円10個までのプランなら1個あたり3,300円と、価格を大幅に抑えて施術を受けることも可能です。

また、治療実績が11,000件(※2020年実績)あり、どんなほくろにも最適な施術で対応してくれます。
※公式サイトより(2022年9月16日現在)

赤坂メディカルMクリニックでは、仕上がりを重視しほくろの傷跡をきれいに目立たなくする工夫をしてくれるので、治療直後から長年の悩みが解消されるでしょう。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

炭酸ガスレーザー
3mm未満 5個まで(税込) 19,800円
3mm未満 10個まで(税込) 33,000円
3mm未満のほくろがたくさんある方は、5個まで・10個までのプランがおすすめ。1個あたりの価格を平均相場の1/3~1/4程度に抑えてほくろを一気に除去できます。
炭酸ガスレーザー
3mm未満 / 1個(税込) 11,000円
3~6mm / 1個(税込) 19,800円
6~9mm / 1個(税込) 29,700円
9~12mm / 1個(税込) 34,650円
12~15mm / 1個(税込) 39,600円
ほくろの大きさごとに価格が細かく設定されているため、施術にかかる料金がわかりやすいのが嬉しいポイントです。

赤坂メディカルMクリニックの詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】11,000円
初回カウンセリング料金(税込) 3,300円
保証の有無
決済方法
定休日

施術詳細

アクセス

六本木スキンクリニック

【六本木スキンクリニックのほくろ除去】おすすめ3ポイント

  1. 診察はすべて院長が担当
  2. ほくろの大きさや形状、数に合わせたプランが豊富
  3. 治療が難しい場所のほくろも対応可

六本木スキンクリニックでは、20年以上の診療経験により20万人以上の患者を診察してきた院長が、治療後のアフターフォローまでしっかり対応してくれるため、安心して治療を受けられるのが特徴です。

また、ほくろの数が増えるほど1個あたりの価格が下がる料金システムも魅力。たくさんのほくろを一気に除去したい方には嬉しいポイントです。

他院では断られた難しい場所のほくろも治療できるケースが少なくないので、治療を受けてくれるクリニックが見つからず困っている方も、1度六本木スキンクリニックを訪れてみてください。

ほくろ除去のおすすめメニューと料金

炭酸ガスレーザー
直径3mm以下 1個(税込) 5,500円
5個以上(税込) 1個 4,400円
11個以上(税込) 1個 3,300円
直径3.1mm以上5mm未満 1個(税込) 6,600円
5個以上(税込) 1個 5,500円
11個以上(税込) 1個 4,400円
直径5mm以上(もり上がっている、色が濃い) 1個(税込) 15,400円
5個以上(税込) 1個 15,400円
11個以上(税込) 1個 14,300円
価格はほくろの数が増えるほど安くなる設定になっており、ほくろが大きいまたは深い場合にも対応してもらえます。

六本木スキンクリニックの詳細情報

最安料金(税込) 【炭酸ガスレーザー】5,500円
【切除手術】27,500円
初回カウンセリング料金(税込) 無料
保証の有無
決済方法
定休日 水・日・祝日(完全予約制)

アクセス

たくさんのほくろをまとめて安く除去できるクリニックは?

「顔全体にできているほくろをまとめて取りたい!」
「小さなほくろも除去してほくろ1つない肌を目指したい!」

このような悩みを抱えている方は、ほくろ除去の取り放題プランが用意されていたり、ほくろの数が増えると1個あたりの料金が安くなるクリニックを受診するのがおすすめです。

クリニックの中には「◯個まで◯◯円」などの取り放題プランが用意されており、顔全体のほくろを一気に治療できるところもあります。

また、5個や10個以上のほくろがまとめて除去できるプランを選択すると、1個あたりの料金が1個のみ治療する場合より大幅に安くなるクリニックもあります。

当メディアで紹介したクリニックの中で、ほくろ除去の取り放題プランが設けられているクリニックは以下のとおりです。

スクロールできます
クリニック名 施術名 治療可能なほくろの大きさ 治療可能なほくろの数 対象部位 料金(税込)
城本クリニック 取り放題 5mm以内 10個まで 55,000円
クリニーク ほくろ取りプラン 大きさについての記載なし 1,000個まで 顔・首・背中・胸+お腹・上肢・下肢 【1か月間】165,000円
【3か月間】440,000円
ミセルクリニック 炭酸ガスレーザー 顔全体 5mm以下 10箇所まで・20箇所まで 【10箇所まで】54,780円
【20箇所まで】98,780円
赤須医院 レーザー治療 ホクロ除去(顔全体) 大きさについての記載なし 制限なし(10個以上の場合にお得) 30,000円
赤坂メディカルMクリニック 炭酸ガスレーザー 3mm未満 5個まで・10個まで 対象範囲の記載なし 【5個まで】19,800円
【10個まで】33,000円

当メディアで紹介したクリニックの中で、ほくろの数が増えると1個あたりの料金が安くなるクリニックは以下のとおりです。

スクロールできます
クリニック名 施術名 治療可能なほくろの大きさ 対象部位 料金(税込)
東京皮膚科・形成外科 CO2レーザー(2個目~1個あたり) 4mm以上の場合、追加料金がかかる可能性あり 対象範囲の記載なし 3,300円
六本木スキンクリニック 炭酸ガスレーザー 直径3mm以下・直径3.1mm以上5mm未満・直径5mm以上 対象範囲の記載なし 【直径3mm以下】
5個以上:1個 4,400円
11個以上:1個 3,300円
【直径3.1mm以上5mm未満】
5個以上:1個 5,500円
11個以上:1個 4,400円
【直径5mm以上】
5個以上:1個 15,400円
11個以上:1個 14,300円

失敗しないほくろ除去クリニックの選び方

この項目では、ほくろ除去クリニック選びで失敗しないためのポイントを解説します。

「終わってみたら思ったより料金が高かった」
「思っていた仕上がりと違った」

このように後悔しないためにも、しっかりと抑えておきましょう。

  • 施術前に見積書を出してもらい料金の詳しい説明を受ける
  • 症例数が多く実績豊富なクリニックを選ぶ
  • 駅チカや全国展開で通いやすいクリニックを選ぶ
症例数が多いクリニックは?→ 赤坂メディカルMクリニック
全国展開のクリニックは?→ 品川美容外科東京中央美容外科城本クリニック

ほくろのセルフ除去は危険?間違った除去方法とリスクを解説

「クリニックだとお金がかかるから、自分でほくろを除去したい」

このように考えている方もいるかもしれません。

自分で行うほくろ除去には、以下のような方法が考えられます。

  • ほくろ除去クリーム
  • もぐさ
  • 自分で切る

しかし、これらの方法はリスクが高く、症状を悪化させる危険性もあります。

次の項目から、それぞれのリスクについて詳しく見ていきましょう。

ほくろ除去クリーム

ほくろ除去クリームとはアルカリ性のクリームを指します。これを皮膚に塗ることで火傷の状態を引き起こしほくろを除去するのです。

ほくろ除去クリームは手軽にできるセルフ除去の1つですが、ほくろを完璧に除去できるものではありません。それだけでなく、ほくろ除去クリームでのほくろ除去を試みた結果、火傷の跡が残るケースもあるのです。

一般的にお灸で使われるもぐさでほくろ除去をしようとする方もいらっしゃいますが、もぐさでほくろ除去することはできません。それどころか、火傷になって跡が残るリスクもあります。また、ほくろ除去クリームについても同様にほくろが完璧に除去できるものではなく、火傷の跡が残る危険性があります。

引用元:はなふさ皮膚科 | 自分でほくろ除去するのはNG?正しい除去方法について(https://mitakabiyou.com/column/mole-self

もぐさ

主にお灸として使われる「もぐさ」の熱を利用して、皮膚を火傷させ、ほくろを取ろうとする方法です。

しかし、皮膚の表面部分を火傷させただけでは、ほくろを除去できません。なかには、もぐさでほくろ除去を試みた結果、火傷や皮膚が化膿してひどい傷跡が残るケースもあるので、注意が必要です。

ほくろ取りのクリームやもぐさのお灸を用い、自分で行う人もいるようですが、それはとても危険です。こうした独自の方法で除去を試みたことで、火傷や皮膚が化膿して、ひどい傷跡になる事例が多数報告されています。

引用元:タカミクリニック | ほくろ除去の疑問と正しい方法。自分でするのは危険!(https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/hokuro/139069/#toc-3

自分で切る

最も危険性が高いのは、カッターやハサミなどを使用し自分でほくろを切る行為です。

不衛生なハサミやカッターで皮膚を傷つけた結果、感染症を引き起こし、皮膚が壊死する恐れもあります。

ほくろの大きさや位置などに関わらず、自分で切ることは絶対にやめ、医師の診察のもと適切な治療を受けるようにしてください。

最も危険性が高いのは「ほくろを自ら切ること」です。病院で受けるほくろ除去方法として医師にほくろを切除してもらう切除法がありますが、それを自分で行うことは大変な危険な行為です。

最悪な場合、自宅にある不衛生なハサミやカッター等の刃物を試用することで感染を起こし皮膚が壊死する恐れがあります。ほくろを自ら切ることは絶対に避けるようにしましょう。

引用元:KMクリニック | ほくろ除去は自分で行なってよいのか?(https://www.kmshinjuku.com/tottemole/

ほくろ除去に関するQ&A

ほくろ除去の施術の流れは?

一般的なほくろ除去の流れは、以下のとおりです。

  1. 予約
  2. カウンセリング
  3. 施術
  4. アフターケア

まずは、電話・Web・メールなどでカウンセリングの日を予約しましょう。

カウンセリングでは、医師またはカウンセラーがほくろの状態を確認し、適切な施術や費用について説明してくれます。

治療方法に納得できたら、改めて施術日の予約を取ります。クリニックによってはカウンセリング当日に施術する場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

施術前に局所麻酔を行い、ほくろをレーザーまたはメスで除去します。施術時間は、ほくろの大きさや形状、施術方法により異なりますが、およそ10〜30分程度です。

施術後は軟膏を塗り、保護テープを患部に貼って跡が消えるのを待ちます。日焼けするとシミになりやすいので注意しましょう。

ほくろ除去のデメリットは?

ほくろ除去には、たとえば以下のようなデメリットが考えられます。

  • 除去したほくろは元に戻らない
  • わずかに傷痕が残る可能性もある
  • 母斑細胞が残っていた場合、再発する恐れがある
  • 腫れや赤み、黒ずみが消えるまで時間がかかる場合もある

メリットだけではないことを理解し「本当に除去してよいのか」ほくろ1つ1つについて慎重に検討することが大切です。

また、ほくろの位置や形状によってデメリットも変わるため、必ず医師の診察を受けて詳しく説明してもらいましょう。

ほくろ除去時に痛みはどのくらいあるの?

施術前に局所麻酔を行うことが多いため、施術中の痛みはほとんどありません。

局所麻酔の注射の痛みを耐えれば、それ以降に痛みを感じることはほぼないでしょう。

ただし、個人差はあるので痛みを感じる場合もあります。

保険は適用される?

メラノーマ(悪性黒色種)などほくろが悪性の場合、保険適用となる可能性があります。

メラノーマには、以下のような特徴があるので注意して観察してみましょう。

注意が必要となる悪性のものにはこんな特徴があります。

(1)大きさが6mm以上
(2)形が丸くなくいびつ
(3)ホクロと肌の色の堺目が不鮮明
(4)ホクロの色がまだら
(5)急激に大きくなってきた

引用元:Vogue|傷あとが目立たないようにほくろを取るには?ほくろの種類や除去方法、費用の目安をご紹介!(https://slbc-vogue.jp/column/mole-remove-method/#:~:text=

また、医師による診察の結果、日常生活に支障をきたす部位・大きさのほくろだと判断された場合も、保険適用となる可能性があります。

一方で「見た目を良くしたい」という美容目的の場合は、保険適用外となる可能性が高いです。

保護テープを貼る期間は?

保護テープを貼る期間は、通常、1週間〜10日程度と考えられます。

ただし、患部の跡をできるだけきれいに消したい場合は、跡が完全に消えるまで貼っておくことをおすすめします。

保護テープはしばらく貼っておくと剥がれてくるので、患部に軟膏を塗り新しいテープに貼り替えるなどのアフターケアが必要です。

ほくろ除去の料金相場は19,373円!クリニックは受けたい施術にあわせて選ぼう

当記事がほくろ除去を行っているクリニック33院を調査したところ、施術ごとの料金相場は以下のとおりでした。

施術名 料金相場(税込)
炭酸ガスレーザー 8,081円~20,174円(平均相場:14,128円)
電気メス 7,829円~10,498円(平均相場:9,164円)
切除手術 29,780円~39,874円(平均相場:34,827円)

ほくろ除去全体の料金相場を計算すると、15,230~23,515円(平均相場:19,373円)でした。

ほくろ除去の値段は選ぶ施術によって異なるため、自分の受けたい施術ごとに各院の料金を比較し最も安く除去できるクリニックを探しましょう。

※本記事は、2022年9月16日に作成しています。クリニックの情報は、2022年同日時点の情報であるため、メニュー・料金の変更がある場合があります。詳細は各クリニックの公式サイトでご確認ください。
※記事内で記載しているダウンタイム・効果に関しては個人差があります。
※本記事で取り上げる施術は原則自由診療によるものです。自由診療では公的医療保険制度は適用されず、費用はすべて自己負担になります。費用については事前によく確認し、納得のうえで施術を受けるようにしてください。
※ほくろ除去にはリスク・副作用があります。施術内容とともにリスク・副作用について医師に確認し、不明な点は相談して、納得してから施術を受けるようにしましょう。

かゆみ・赤み・軽度の凹み・内出血・腫脹・感染・傷の哆開

▼参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる